インターネットが普及してから、多くの人がとても便利な生活をできるようになりました。
スマホがあれば、美味しいグルメのお店を探すことも簡単にできますし、欲しい物があればそれはネットショップで購入できます。
行きたい場所もすぐに検索出来たりするので、インターネットは情報インフラの役割を越えて生活の必須インフラになっています。

オンラインカジノの法的な安全性

この利便性は、生活の質を上げるだけでなく、レジャーやアミューズメントの分野でも活躍しています。
このようなことを背景に、オンラインカジノも多くの人の心をくすぐるようになってきたのではないでしょうか?
今でも進化を続けているネットで、カジノの楽しみを日本からでも手にすることができるのですから。

ましてや、カジノ法案の国会通過で、ますます注目度が上がって来ています。
海外では、日本以上にオンラインカジノが当たり前のように、多くの人に親しまれています。
イギリスのように昔からギャンブルが盛んなヨーロッパ圏を見ても、プレイヤー人口は、4,000万人以上を越えると言われています。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、インターネットを利用してオンライン状態で賭けることができるカジノのゲームです。
スマホやパソコンに専用アプリをダウンロードしたり、直接ブラウザを叩いたりしてプレイしますが、海外のカジノ場のように、お金を賭けることができる本格派のギャンブルです。
普通のネット、ソーシャルゲームとは一線を画するカジノなのです。
勝つことができれば、配当金が還元されますので、カジノ場がネット空間にある感じです。

オンラインカジノは果たして合法なのか?

オンラインカジノは果たして合法なのか?

オンラインカジノについて心配なのは、法的な問題がないかということです。

日本においてオンラインカジノは、法的には違法・合法とも言いづらい曖昧なグレーゾーン状態にあります。
日本国内では、原則的に賭博行為が禁止されており、競馬・競輪・宝くじなどの公営ギャンブル以外は認められていません。
公営ギャンブル以外のギャンブルでは、パチンコやスロットが身近な存在ですが、これも厳密には合法ではありません。
しかし、景品交換という3店法式を取っているために、違法賭博外側として扱われています。

オンラインカジノの場合は、法律で認める項目がないために、違法ではないかとの見解もあります。
その一方で、オンラインカジノの運営は、海外のカジノ合法国の政府がライセンスを発行した合法的な組織的になっていることや、専用サーバーが海外に設置されていることから、賭博罪が適用されないという解釈もあるのです。
ラスベガスのカジノでギャンブルで賭けても、帰国後に賭博罪にならないことと同じ発想です。

過去には、日本国内でオンラインカジノで逮捕された事例を見ると、カジノの胴元が国内で運営していたり、日本人対象のサービスがあるオンラインカジノで参加したプレイヤーが、対象になっていました。

また、記憶に新しい事件では、2016年にオンラインカジノのプレイヤーが略式起訴後に、裁判で争う姿勢を見せた後、検察側が不起訴処分にしたことがあります。
その結果、日本ではオンラインカジノでプレイすることは、問題なしとの見方が広まったのです。
しかし、法律にオンラインカジノの明記がない以上、合法的に認められているとも言いづらいのが実態です。

カジノカフェの存在

オンラインカジノのグレーゾーンの実態からすると、基本的にはギャンブルに参加することに懸念点は小さくなるのですが、似たような形態で気を付けなければならないことがあります。
それは、カジノカフェです。

カジノカフェは、形式上は海外の合法的なオンラインカジノを利用しますが、店舗のパソコンからのエントリーでも店内での換金となります。
オンラインカジノ自体は、海外の公的ライセンスを取得した優良サイトですが、賭けるオッズから配当金の換金まで日本国内の店内で行っているので、違法的な賭博行為として、賭博罪となってしまうのです。

どんなルールでカジノカフェは運営されているか?

カジノカフェは、ネットカフェで行われることが多く、店内でお客さんがカフェ内パソコンを利用してオンラインカジノで賭けます。

現金をスタッフに支払い、ポイント交換。
交換されたポイントを元にインターネットでオンラインカジノサイトから、スロット、ブラックジャック、 バカラ、ポーカーなどのゲームで賭けていきます。
勝つと、ポイントが増えて、ゲーム終了後、現金に交換する流れになっています。

この形態が、完全に違法となるのです。

現金のやり取りが店内で行われることが違法行為

現金のやり取りが店内で行われることが違法行為

カジノカフェは、現金でポイントを購入し賭けた後の配当金をポイントで還元するものの、また換金します。
これは、国内で現金のやりとりが伴った賭博となり、違法ギャンブルとしてみなされます。
ポイントの換金かなければ、ゲームセンターのゲームと変わらず、賭博罪は成立しません。
カジノカフェスタイルのギャンブルには、決して入らないことです。

自分の成果をネットで公表しないこと

このようにオンラインカジノで楽しむなら、普通に自分のパソコンやスマホで楽しむだけにすることです。
勝った後の配当金の額が大きい貯めに、ブログやギャンブル専用の掲示板にコメントすることは、愚かな行為になってしまうことがあるからです。
オンラインカジノは、完全な合法的なギャンブルではないために、警察当局も目を見張らせていることがあります。

そのために、オンラインカジノを楽しむのは、できる限り自分の範疇で静かに楽しむことです。

Tags

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RelatedPhotos

オンラインカジノにのみ存在する特別待遇
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
オンラインカジノの質を見定めるポイント
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
法的属性は運営形態で決まる
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
オンラインカジノのペイアウト率を考える
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
ボーナスを貰う場合に注意すべきこと
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
バカラは高い人気を誇るカジノゲーム
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
天使の様な悪魔の笑顔なスロット新台試し打ちw
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。