ネットカジノで遊ぶことに違法性はありませんが、それはゲーミングライセンスを持つ海外拠点のネットカジノのみです。
日本では法律上、国内でのネットカジノ運営は賭博罪が適用されるため、いくら海外のゲーミングライセンスを所持していようと、日本でネットカジノを運営することはできません。

しかし過去にドリームカジノ事件と呼ばれる、国内を拠点としたネットカジノが摘発された事件が起こりました。
そこで今回の記事では、無店舗型ネットカジノの違法行為で初めて摘発されたドリームカジノ事件の真相について詳しく解説していきます。

そもそもドリームカジノ事件って何?

そもそもドリームカジノ事件って何
2016年6月、ネットカジノの運営者5人が逮捕されたのがドリームカジノ事件で、無店舗型ネットカジノの胴元が初めて逮捕されたことで話題となりました。
最終的に「常習賭博罪」や「賭博幇助罪」などが適用され裁判となり、執行猶予付きの懲役刑と罰金刑という判決が言い渡されました。
ドリームカジノ事件以降、無店舗型のネットカジノが摘発されたという事件は起こっていません。

なぜ違法性が問われて逮捕されたのか?

なぜ違法性が問われて逮捕されたのか
事件当時も、今と変わらずたくさんのネットカジノがありましたが、どうしてドリームカジノだけに違法性が問われ逮捕されてしまったのか気になるところです。
その真相を知るには、まずネットカジノにどうして違法性が問われないのかを知っておく必要があります。

ネットカジノを運営するためにはゲーミングライセンスを取得する必要があり、ネットカジノ合法国政府や関連機関によって発行されます。
つまりネットカジノ自体は合法であり、日本にもネットカジノを取り締まる法律が存在しないため、国内でネットカジノをプレイしても違法性はありません。

ただしそれは海外にネットカジノの拠点、つまり胴元がいる時の話です。
日本の賭博法は国内に胴元がいる時に適用され、法律の効力が及ばない海外拠点のネットカジノに違法性は無いのです。

ドリームカジノは、キュラソー島のゲーミングライセンスを所持していましたが、胴元は日本の大阪にいました。
このことから警察による捜査が行われ、逮捕に至ったわけです。

ドリームカジノのプレイヤーは指導と警告のみ

ドリームカジノのプレイヤーは指導と警告のみ
ドリームカジノ事件では、5人の運営者のみが逮捕され、ドリームカジノのアカウントを持っていた9,500人以上のプレイヤーは指導と警告のみで事なきを得ました。
もちろん警察は捜査の段階で顧客リストを入手していたため、全てのプレイヤーの個人情報を知っていましたが、どうして逮捕されなかったでしょうか?

通常、裏カジノやその他違法賭博では、胴元と同時に客も単純賭博罪で逮捕されるものですが、ドリームカジノ事件では指導と警告のみです。
その理由は、「ドリームカジノのプレイヤーも騙されていた」からです。
確かにドリームカジノは正規のゲーミングライセンスを所持していましたが、胴元は日本国内にありました。

しかしサイト内では、あたかも海外に拠点を置いているかのような住所が書かれていたのです。
つまりドリームカジノのプレイヤーは、「海外に拠点を持つ合法のネットカジノ」だと認識していたわけで、日本に胴元があることを知らなかったのです。
ある意味、ドリームカジノのプレイヤーも被害者であり、アカウントに残っていたお金は戻ってきませんでした。

今後のネットカジノの行方

どれだけ警察がネットカジノプレイヤーを逮捕したくても、ネットカジノ自体が合法で海外を拠点にしていたら、動くことはできません。
ネットカジノに関する法律が存在しない以上、ネットカジノプレイヤーが理不尽に逮捕されることはありませんのでご安心ください。

しかし注意したいのは、近年話題になったIR整備法の存在です。
IR整備法というのは、海外のIR事業者を日本に誘致することを目的とした法律であり、これはランドカジノも含んでいます。
もちろんIR整備法にネットカジノを規制する文章は記載されていませんが、もしランドカジノが完全に合法化された場合、ネットカジノに影響を与える可能性は0ではありません。

同じカジノというジャンルなのですから、国がネットカジノに目をつけ、その結果、海外拠点のネットカジノで遊ぶのを禁止する法律が作れる可能性も考えられます。
もちろん現段階では全く議論すら行われていませんが、ネットカジノがグレーゾーンである以上は、いずれ規制対象になるかもしれません。

まとめ

今回の記事では、無店舗型ネットカジノの違法行為で初めて摘発されたドリームカジノ事件の真相について詳しくご紹介させていただきました。
ドリームカジノ事件は、日本で初めて無店舗型のネットカジノが摘発された事件であり、プレイヤーは指導と警告のみで事なきを得ました。

そもそもドリームカジノ事件は、海外拠点だと偽って営業していたのですから、プレイヤーにとってはいい迷惑な話です。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、ネットカジノで遊ぶ時にはゲーミングライセンスや拠点がハッキリしている大手ネットカジノを選ぶことが大切です。

Tags

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RelatedPhotos

知っておくとお得なカジ旅のボーナスを大紹介
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
オンラインカジノは無料でプレイする方法や動画で学べる
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
ルーレットで勝ち越している人は常に確率を意識して遊んでいる
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
遊べば遊ぶほどお得なプレイアモ
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
優良なオンラインカジノで安心して楽しもう!
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
初心者でも勝てるオンラインカジノの特徴
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
ユニークなポイント以外でも手を抜かないカジノ
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
あらかじめ知っておくべきオンラインカジノ情報
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
特徴や長所を知ることはカジノ選びで重要
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
オンラインカジノにのみ存在する特別待遇
Comments: 0
Added: Author: Zombiekim
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。